40代ボーナスの平均手取り金額は期待を遥かに超えていた?いつの業績まで反映される?

広告
Pocket

サラリーマンの人であれば、年2回のボーナスが楽しみな人が多いのではないでしょうか?

民間や公務員の多くは6月と12月に支給されているようです。

毎年のことではありますが、公務員や大手企業のボーナス金額が発表されると自分より多い少ないと感じていると思います。

今回は、40代のボーナスの平均手取り金額はどのようになっているのか?調査してみました。

また、ボーナスを支給する上で企業側の査定基準や査定期間、いつまでの業績までが反映さるのか調べて見ました。

広告

ボーナスの査定基準

ボーナスの時期が近づくとワクワクする人も多いかもしれません。しかし、ボーナスの査定基準が企業側で決められている事はご存知の人も多いと思います。

一昔前までは、年功序列でボーナス金額がある程度予測出来ていた時もあったと聞きます。今の時代は、成果主義が一般的な考え方に変わって来ています。

ボーナス(賞与)について、法律でも定められている事はご存知でしょうか?

労働者の勤務態度や業績において支給されるもので、支給額が決められていない事になっています。当然企業ですから、新型コロナウイルスの影響で、売上が落ちたり業績不振になった場合は、ボーナスが出ない時もあります。

ボーナスの支給について、有給取得や育児休暇などの理由で、ボーナスの減額や有無はあってはならないとして法律に定められています。

個人の有給取得や育児休暇取得は、与えらてた権利です。堂々と有給取得や育児休暇をとって欲しいものです。

著しくボーナスの金額が少ない場合は、上司に確認することをお勧めします。

2019年冬のボーナス平均金額が民間企業の平均として39万円と言われています。安倍政権の「働き方改革」で長時間労働の改善が...

ボーナスの評価はどのように?

ボーナスの支給については、大きく3つの評価基準があると言われています。

【勤務態度】遅刻や協調性等が見て評価されます。

【能力】仕事に対しての知識や解決力などを見て評価されます。

【成果】仕事に対して問題点の解消、業務における功績等を見て評価されます。

評価は、上司がするものです。

上司も人間です日頃から、上司とのコミニュケーションを取ることをお勧めします。

ボーナスの査定期間

年2回のボーナスがありますが、査定期間はどのようになっているのでしょうか?

6月と12月に支給される企業が多いと思います。6月は夏休みやお盆などで、お金を使う事が多い為、6月にしていると聞いた事があります。12月はクリスマスや正月などでしょう!

企業側の決まりはあるともいますが、一般的には6月のボーナスの支給については、前年度の10月~3月の査定期間とされています。

12月は、今年の4月~9月までの査定期間になっています。

いつの業績まで反映される

ボーナスの査定期間を10月~3月と4月~9月としている企業が多いですが、多少の前後のばらつきはあると思います。

多くの企業は、3月決算・9月中間決算になっています。6月のボーナスは、3月決算の業績で決められていて、12月のボーナスは9月中間決算の業績によって決められています。

決算などで赤字を出すと、ボーナスが出ない・少ないなどもあるので、理解をしていた方が良いでしょう。

一般的に大手企業などは、3月決算、9月が中間決算として業績を発表していますが、3月の決算で赤字を出すと、株主からのクレームが多く来ると聞きます。

3ヶ月後の6月には株主総会などで、企業側から業績の詳細説明がありますが、株主側の質問攻めがあり、喧嘩のような罵声なども飛ぶ事もあるようです。

広告

ボーナス手取り年代別平均金額は?

2020年の夏ボーナス金額について、日本経済新聞社が調査をしたところ新型コロナウイルスの影響もあって前回比4.69%ダウンの【78万1287円】になっています。

多くの製造業は、工場の生産停止などで生産数減になっています。車関係は日本で一部生産をしていますが、多くは中国やアメリカなどで生産をしているため、大きなダメージがありました。

車の生産は、オートメーション化になっていますが、人がいなくては完成まで行きません。

高品質の物を世の中に出し続ける人間(スタップ)が居てこそ安全な車が生まれ、生活ができるのではないかと思います。

2020年夏ボーナスの使い方は?

業種や企業によっては、夏のボーナスが支給された人、支給されない人がいると思います。

そこで、マイナビニュースがボーナスが支給制度があるか調べたところ、【ある】と答えた人は、82.4% 【ない】と答えた人は17.6%になっています。

年代別の支給金額を調査して、40代サラリーマン501人にボーナスの使いみちを聞いたところ、次の回答になっています。

  • 第一位 貯金 50.6%
  • 第二位 生活費に使う 27.9%
  • 第三位 娯楽・趣味に使う 22.6%
  • 第四位 税金支払使う 17.4%
  • 第五位 旅行等使う 14.7%
  • 第五位 外食につかう 14.7%
  • 第五位 ローンに返済に使う 14.7%
  • 第八位 日用雑貨に使う 13.6%
  • 第九位   未定 13.2%
  • 第十位 衣料/装飾品に使う 11.3%

結果を見ると、半数以上の人は貯金をすると言っています。貯金をしてこれからの生活の蓄えにしているんですね。今、銀行に預けても1%以下の金利になっていますから、お金が増える事は期待できません。

貯金も考えなければなりませんね。投資信託や株式投資でもしなければ、お金が増えませんので、少しづつでも勉強してお金を増やす事を学ぶ時期に来ていると思います。

日本人は、お金の話をすると嫌がられますが、他の国などはそんな事はありません。日本人は、貯金をすることで財産を守ろうとしますが、財産を増やす事もこれから必要なことだと思います。

20代ボーナス手取り平均金額は?

20代のボーナス平均金額は、年間60万~80万円です。 意外と多いと感じたのではないでしょうか?

20代前半と後半では大きい差が出ていると思います。高卒からの入社の場合、10年以上仕事に携わって来たわけです。

大卒でも8年位になりますね。10年位仕事をしていれば、仕事も覚え活躍している人材、そうでない人材などがわかって来る時です。この年代の人は、ボーナス金額に大きな差が出てこないはずです。

30代ボーナス手取り平均金額は?

責任ある仕事に付き役職についている人も多い、30代のボーナス平均金額は年間80万~100万円です。

20代の時とは違い責任ある仕事を与えられて、マネジメント業務をしている人も人も多いと思います。年上の人を使ったりして気を使う事もありますが、目標に向かって仕事をする事が求めらている年代です。そのため、金額も上がっているのでしょう。

40代ボーナス手取り平均金額は?

40代になると家を持ち、子供がいて、仕事・家族ともに充実している時期ですが、ボーナス平均金額は年間100万~120万です。

40代半ばになると、部長や役員一歩手前の人もいる年代です。以前と違って若手を部長にしたり、役員にする企業も出てきました。もちろん男性女性も関係ありません。

ユニクロ社長の玉塚元一さんは40歳で社長に就任しています。若い経営者が業績を伸ばしています。長年の経験も必要ですが、今までの実績と発想力、行動力で若い人が抜擢される事はそんなに珍しくはなくなりました。

2019年冬のボーナス平均金額が民間企業の平均として39万円と言われています。安倍政権の「働き方改革」で長時間労働の改善が...

【まとめ】

  • ボーナスの査定基準は、企業側で決められていて、法律で有給取得や育児休暇取得でボーナスの減額や有無になっては行けない。
  • ボーナスの評価は、勤務態度や能力や成果によって評価される。
  • ボーナスの査定期間は、一般的に6月支給の場合は前年10月~3月、12月支給は今年の4月~9月までの査定になっている。
  • いつの業績まで反映されるかは、6月のボーナスは3月の決算、12月のボーナスは、10月の中間決算で決められている。
  • 2020年夏のボーナス金額は、78万1287円で、新型コロナウイルスの影響で前回比4.69ダウンになっている。
  • 2020年夏のボーナス使いみちは、1位が貯金で50.6%過半数以上になっている。
  • 20代のボーナス平均金額は年間60万~80万
  • 30代のボーナス平均金額は年間80万~100万
  • 40代のボーナス平均金額は年間100~120万

いかがだったでしょうか?ボーナスを貰えるおと幸せな気持ちになります。

2020年は新型コロナウイルスの影響もあってボーナスを貰えるなんて幸せだなと感じています。政府は、経済を良くしようゴーツートラベルやイベント再開など行っていますが、まだ感染の心配があります。

本当であればボーナスをもらったから、忘年会や新年会、旅行もしたいと思っている人が多くいると思います。今の状況に応じたボーナスの使い方を見つけてくださいね。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする