堀江貴文(ホリエモン)が醸成(じょうせい)とツイート!その意味に驚愕?!

引用元:https://www.nikkansports.com/entertainment/photonews/photonews_nsInc_202002250000496-0.html

日本で毎日のように新型コロナウイルスの感染者数が、100人以上の報道があります。

ここまで拡大した背景は色々ありますが、まずは感染者を増やさない為に外出自粛要請が安倍首相から発令されています。

そんな中でホリエモン事、堀江貴文さんが外出自粛の考え方について、以下の様に言っています。

堀江氏は朝日新聞デジタルの「感染爆発の中国とイタリア、軽症者の自宅療養で拡大」という記事を引用ツイートし、「何が何でも自宅待機が正義というわけでもない。三密を避けて適度に外出することに何の問題もないどころか精神衛生上もよい」と投稿。

ツイッター上での“散歩は許している国もある”という声に、堀江氏も「例えばマスクして1人で散歩して感染させるシチュエーション思いつきますか?」と反応した。

また、「家から一歩も出るなって雰囲気が醸成されるのは危険だと思いますよ。家にいるのが快適な人もいるだろうけど鬱になる人もいます」とツイートしている。

堀江貴文さんが言う、「雰囲気が醸成される」事はどういうことなのか説明します。

醸成(じょうせい)とは?

そもそも、醸成はどの様な意味でしょうか?あまり聞き慣れない言葉だと思います。

普段から使わない言葉だと思います。

本来、お酒の原料を発酵させて、お酒作る意味です。

その他の意味としても使われます。

ある状態をゆっくりと作り出す事にも使われます。

時間をかけて、暗示をかけるといった感じです。

一般的に醸成を使う言葉として、次のような表現などで使います。

例えば、「会社の売上計画必達の為に一体感を醸成する。」 などがあります。

朝礼や会議により意識が変わり従業員の気持ちに一体感が生まれる事を意味します。

本来「醸成」は、お酒の原料を発酵させてお酒を作る意味ですから、イメージは、お酒の醸成と同じでゆっくりと意識を変えて行くときなどに使われます。

堀江貴文さんが言う

「家から一歩も出るなって雰囲気が醸成されるのは危険」とは、

「家から出ることは良くない。その様な意識に変わっていくことが危険なことだ」になります。

家にいて、くつろげる人もいると思いますが、ストレスが溜まる人もいます。

以前のニュースで、学校が新型コロナウイルスの影響で、子供たちは家にいたそうです。父親も会社からの指示で、自宅でテレワークの仕事をしていました。

引用元:https://toyokeizai.net/articles/-/341924

長時間自宅にいることで、子供、父親にストレスが溜まり父親が子供にDVをした事件がありました。

専門家の人が言うには、「身近な家族であっても一人でいる時間を持って欲しい」と言っています。そう言うことを実践することでVDは避けられると言っていました。

子供が生まれて、赤ちゃんや小さな子どもをあやしても、泣き止まない事で育児放棄したり、DVに発展することが多いと聞きます。

育児放棄やDVはしなくても、育児うつになる人が多いといいます。

いかに、ストレスを溜めずに生活をしていくかが、重要になるわけです。

3密を避けて、自分の時間を作り新型コロナウイルスが、収束するのを気長に待つことが必要かもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!