情熱大陸世界が注目している感染症医とは?過去の感染症がマジやばい!

情熱大陸では、新型コロナウイルスに立ち向かっている感染症医の忽那賢志さんをクローズアップしています。

引用元;https://www.mbs.jp/jounetsu/

本当に医療関係者様には感謝しかありませんね。感染者医はどんな事をしているのか?過去の感染症についてもご紹介していきます。

感染症医とは

感染症学会感染症専門医のこと事を言います。感染症の専門医で感染症の知識や技術的な事も優れている医師の事を言います。

日本での感染症で亡くなる方の病名のトップは肺炎です。

癌や血管関係の脳血管などに次いでの病気になっています。

感染症といえば、風邪やインフルエンザを思い出す人も多いと思います。これから寒くなり風邪をひきやす時期を迎え注意をしなければなりません。

引用元;https://www.afpbb.com/articles/-/3268066

毎年、年末から新年にかけてインフルエンザが流行になります。人から人への感染は目に見えないため、とても怖いと思っている人もいるのではないでしょうか?

2019年の11月に発生した新型コロナウイルス感染症は、この先どのようになるのかとても不安です。

医師から聞いたことがありますが、インフルエンザと新型コロナウイルスは見分けることは容易ではないと言っています。

感染者医で活躍されているの忽那賢志さんの出身の大学は山口大学の医学部のようです。

繊維関連のクラボウが中国から、新型コロナウイルスの試験キットを輸入販売すると報道していました。 どの様な検査キットな...

山口大学医学部はどこ?

山口県にある国立大学で、偏差値は66.7の大変頭のいい人が入る大学ですね。医学部を目指す人はどんだけ勉強するのでしょうか?少し興味がありますよね!

ある著名人で医師の人が言っていました。医師になるために起きている時間は、勉強していたんだとか・・・

それだけ、勉強をしなければ医師になれないんですね!

忽那賢志さんのご出身は福岡北九州市ですので、隣の山口県の大学に進まれたのかもしれません。

よく医師が論文を発表すると聞いたことがありますが、どういうことでしょうか?

気になるので調べて見ました。

医師が論文を発表する理由とは

多くの医師が論文を発表するのか?わからない人も多いのではないでしょうか。

医師、医療関係者が論文を発表するのは世界中に有益な情報を伝え事を目的にしています。

例えば、研究の結果を世界中の医師や医療関係者のみならず情報を発信することで、医学の発展につながる事になります。

情報が発信されなければ、古い治療を続ける国などがある事になります。情報を共有して新しい治療ができれば、助かる命もある増える事になりますね。

過去にすごい感染症は何?

現在、新型コロナウイルスが猛威を奮っていますが、100年前にも世界的に大流行した感染症がありました。

スペイン風邪と言われて名前だけは知っている人も多いと思います。1918年から1920年に大流行して世界の人口1/3が感染して数千万人の人が命を落としたと言われています。

1918年3月位に発生して夏頃には収束したと言われていますが、9月に第二波で肺炎に掛かり重篤化する人が多く出てしました。

1819年にはウイルス感染に対して免疫が出来て、自然と収束にむかっています。人間の免疫力は、目には見えないですが凄いんですね。

このスペイン風邪も今回の新型コロナウイルスは、多少似ている感じがします。スペイン風邪は夏には収束して9月に第二波が発生しています。

それに対して新型コロナウイルスは、世界の人々が感染しないために外出自粛を行い感染者が減っている傾向になっています。

このまま感染者数が増えないことを願うばかりです。感染者を最小限にして特効薬ワクチンが早く出来きることを世界中が待ち望んでいるのではないでしょうか?

3月末になりだいぶ日中の気温が上がり、お花見のシーズンですが全世界で猛威を奮っている新型コロナウイルスが大きな話題になって...

新型コロナウイルスの治療薬の回復者血漿(けっしょう)とは

新型コロナウイルスに感染した人が、治療して回復した人がいます。その人から血漿を採取して、感染している人に血漿を投与することを言います。

引用元;https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20200927-00200310/

新型コロナウイルスに感染して回復した人は、病原体を抑制する抗体があるため、感染者に投与することで治療方法になっています。

ワクチンが待たれる中で回復した人の血漿で感染者が回復した事例が多いようです。100年前に流行したスペイン風邪もこの回復者血漿で治療したと言われています。

まとめ

・感染者医とは感染症の専門の優秀な医師

・過去に凄い感染症はスペイン風邪で、100年前に発症している。

・新型コロナウイルスの治療の回復者血漿は、100年前にも治療として使われていた。

一人ひとりの感染予防の手洗い・マスクの着用などが、感染者を増やさない事に繋がりますので、これからも継続して取り組んで行きたいですね!

情熱大陸を見逃した人は、ここをクリック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!