彼女はキレイだった(ドラマ)主題歌は何で歌手は誰?歌詞付きで紹介!

広告
Pocket

今回は、「彼女はキレイだった(ドラマ)主題歌は何で歌手は誰?歌詞付きで紹介!」と題してお届けしていきます。

2021年7月6日火曜日よる9:00から「彼女はキレイだった」のドラマが放送されます。

Sexy Zoneの中島健人と小芝風花のダブル主演ドラマですが、韓国ドラマが日本ドラマバージョンで放送されます。

韓国でも人気のドラマだったようで、火9のドラマ放送が楽しみです。

新しいドラマが始まると主題歌は何ていうの?

とか、歌手は誰など思う人も多いのではないでしょうか。

そんな人の為に歌詞も合わせてご紹介していきますので、一緒にみていきましょう。

広告

彼女はキレイだった(ドラマ)主題歌は何?

出演が小芝風花さんとSexy Zoneの中島健人さんですが、ドラマの役柄でしょうか小芝風花さんはさえない女性役を演じています。

それに対して、中島健人さんは仕事がバリバリできる男性役を演じていますが、日頃のSexy Zoneの中島健人さんとは真逆の性格に感じました。

小芝風花さんが演じる佐藤愛は、幼少期は優等生で美少女でいつも注目を浴びていました。

そんな佐藤愛は大人になった彼女は、美少女の影もなくパットしないファッションセンスで、ボサボサの頭、そばかすの顔の残念な女性に成っていました。

そして、一方では中島健人さんが演じる長谷部宗介は、幼少期は太っていていじめられっ子に成っていましたが、大人に成った現在は超イケメンに変わっていました。

そんな二人が、再開して胸をときめくシーンもあるラブコメディストーリーになっています。

ドラマが始まると主題歌やエンディング等が気になる人も多いと思いますが、主題歌を調べてみました。

主題歌は、「夏のハイドレンジア」でした。

この曲はいつ販売される?

この「夏のハイドレンジア」は、2021年8月4日に発売される新曲のようです。

この曲は、歌手でもある秦基博さんが月9の「彼女はキレイだった」のドラマの為に書いたそうです。

「夏のハイドレンジア」の曲が気になる人はこちらから

ラブソングという感じでしょうか。

心に染み渡る曲で、ヒット間違いが無いですね。

広告

彼女はキレイだった(ドラマ)主題歌の歌手は誰?

今回「彼女はキレイだった」の主題歌は「夏のハイドレンジア」でしたが、どんな人が歌っているか気になる人も多いのではないでしょうか。

歌っている人は、Sexy Zoneでした。

Sexy Zoneの活躍は?

Sexy Zoneは、ジャニーズ事務所所属の日本を代表する5人のアイドルグループです。

現在は、マリウス葉さんが体調不良により活動は中止されておりますが、4人が元気に活動しています。

Sexy Zoneの活動は2021年でデビュー10周年を迎えており、3月3日に10周年を記念とする「SZ10TH」を発売して18.6万枚を売上を上げる自己最高を達成しています。

その中でも、「彼女はキレイだった」に主演される中島健人さんは、グループの中で最年長でグループを引っ張っている感じがしますね。

それに、過去も色々なドラマの経験もあり今回のドラマでも高視聴を出せる、俳優まで成長しています。

広告

中島健人の魅力は?

Sexy Zoneのリーダー的な存在の中島健人さんですが、彼の魅力はどんなところでしょうか。

多くの女性からファンをもつ中島健人さんですが、容姿もイケメンで納得できる事が多いのですが彼の魅力は、なんと言ってもいつも機嫌が良いところだと思います。

彼の周りにはいつも笑顔が咲いているようです。

仕事で嫌な時だってあるはずなのに笑顔をみせていると聞きます。

そして、中島健人さんは誰に対しても平等に接しているようです。

バラエティ番組などで、芸人同士で芸人の容姿などをいじる時があります。

いじる側の芸人も、いじられる芸人も笑いを取る為に色々と有る事無い事を言って笑いを取る時がありますが、中島健人さんは決して一緒に笑わないと言います。

芸人でも若い女性でも平等に出来るひとりの人間として、尊敬出来る人です。

バラエティや出演されたテレビ番組で、どの様に接しているのか見てみるとよく分かると思います。

広告

彼女はキレイだった(ドラマ)の歌詞は?

ハイドレンジア こぼれる涙さえも綺麗だ
雨の街に咲く花 ヒロインなんだ 君は

泣き出した空を 見上げたまま
潤む瞳をごまかす君

差し出せる傘もない僕に
何が出来ると言うのだろう

引用元:https://www.lyrical-nonsense.com/lyrics/sexy-zone/natsu-no-hydrangea/

曲名が「夏のハイドレンジア」と言っていますが、紫陽花(あじさい)の事をいっています。

長谷部宗介(中島健人)が幼少期にぽっちゃり男の子から、やりて豪腕のイケメン男子の変化してた主人公と佐藤愛(小芝風花)が美少女から、さえない女子に変身にしまった初恋の気持ちを描いたラブコメストーリー。

そんな、ヒロインに対して

ハイドレンジア こぼれる涙さえも綺麗だ
雨の街に咲く花 ヒロインなんだ 君は

長谷部宗介(中島健人)が、心から恋した歌詞と言っても良いでしょう。

作詞作曲が秦基博さんですが、さすがと感じです。

Sexy Zoneの4人にピッタリの歌ではないでしょうか。

中島健人さんのはじめの歌いだしの歌詞が、心に染みわたりますね。

広告

まとめ

いかがだったでしょうか。

「彼女はキレイだった(ドラマ)主題歌は何で歌手は誰?歌詞付きで紹介!」と題してご紹介してきました。

ドラマ「彼女はキレイだった」の主題歌は何かというと「夏のハイドレンジア」でした。

そして歌っている歌手は誰かと言うと、ドラマにも出演している中島健人さんが所属している人気アイドルグループのSexy Zoneでした。

歌詞も紹介しましたが、ドラマのストーリーとマッチしてとてもステキで、ヒロインへの思いが伝わる言葉が使われていました。

曲も最高ですがドラマ「彼女はキレイだった」は、高視聴率に成るのでは無いでしょうか。

広告
広告