新型コロナウイルス持ち込まれた可能性がある?!感染源はどこから?

Pocket

中国の外務省、趙立堅氏(ちょうりつけん)の報道官が新型コロナウイルスがアメリカ軍が武漢に持ち込んだとツイッターでツイートしてます。

引用元:https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000178971.html

衝撃的な発言で驚いている人も多いのではないでしょうか?

誰が、どこに新型コロナウイルスを持ち込んだのか気になりましたので調べて見ました。そして、感染源は武漢市の市場とされていましたが、他からの可能性もあると言っている方もいます。

実際は、どうなのかご紹介いたします。どうぞゆっくりご覧ください。

コロナウイルスが武漢に持ち込まれた?

3月12日、中国の外務省の趙立堅氏が、ツイッターで新型コロナウイルスはアメリカ軍より持ち込まれた可能性がある。

アメリカでの最初の感染者はいつだったのか?何人感染したか?病院の名前を教えて欲しいとツイートしています。

それに対してアメリカ側では、ロバート・オブライエン大統領補佐官は、新型コロナウイルスの感染拡大について、発生が隠蔽(いんぺい)されたと発言をしています。

今までの新型コロナウイルスの発生源は、武漢市にある野生動物がある市場から発生源とされていました。

武漢の市場からの発生源になっていると誰もが思っている中で、3月12日の時点で、アメリカ軍が中国の武漢市に持ち込まれたのであれば、大変な事態になりかねない状況です。

中国の趙立堅氏が根拠もなく、中国の武漢市に新型コロナウイルスが持ち込まれたと言わないと思います。中国側は、アメリカ軍が持ち込まれた根拠を持っていると推測します。

新型コロナウイルスが猛威を奮っている中で、地震や台風が来たらどう対処したら良いのか考える時が来ていると思います。 全...

どこから誰が持ち込んだのか?

中国が言っているアメリカ軍が新型コロナウイルスを持ち込んだ時期は、2019年10月

米軍の一人の人または、複数の人が新型コロナウイルスに感染していた事に気づかず、スポーツ国際競技大会の為に武漢市に訪れ、武漢の人に感染させたのではないかと言っています。

新型コロナウイルスの感染経路は、武漢市にある野生動物を扱う市場の人が感染したとされています。

それが、アメリカ軍の兵士となれば、大変な事になってしまいます。

現在、新型コロナウイルスの感染が大きな問題になっている中で、中国とアメリカ間で批判しあっているようです。

感染状況は?

3月15日時点での感染状況は、日本780人、中国80,844人、米国2951人となっています。

中国の外務省の趙立堅氏がアメリカ軍の兵士がコロナウイルスを持ち込んだ可能性があると言っていますが、本当にそうであれば米国の感染者数がもっと増えていても良いのではないと感じます。

日本厚生労働省サイト

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10204.html

日本の厚生労働省サイト数に対して、実際アメリカの感染者数が、多い可能性十分あると思います。

アメリカ、中国は大国です。完全に感染者数を把握することは、容易ではないことも理解出来ます。

アメリカと中国との新型コロナウイルスが持ち込まれた論議は、注視して行きたいと思います。

中国発生源はどこか調査中

3月2日には中国の習近平主席は中国の新型コロナウイルスの研究をしている北京の精華大学医学院等を視察したようです。

北京の精華大学医学院と言ったら、日本で言えば東京大学医学院に匹敵する中国でも名門の大学になります。

新しい技術人工機能(AI)などを使って発生源を明らかにするように指示してと言っています。

今回のコロナウイルスの発生源がどこから来て、どこに流失したのかが大きな焦点になることは、間違いないでしょう。

繊維関連のクラボウが中国から、新型コロナウイルスの試験キットを輸入販売すると報道していました。 どの様な検査キットな...

発生源は研究所の可能性も?

中国側も発生源の特定を急いでいる中で、研究者の一部からは新型コロナウイルスの発生源は複数の可能性があると言っています。

その一方で、中国が独自で進めていたウイルス研究兵器が、武漢の研究所から漏れた可能性があると保守論壇雑誌 WiLL(ウィル)が言っています。

その理由は、研究所から武漢の発生源となっている市場から30キロ位しか離れていない事と、その研究所は、エボラやSARSの病原体を研究するために、中国の唯一の指定研究所になっています。

中国は、新型コロナウイルスの発生源は市場からと言ってますが、研究所の研究者が感染していた事に気がつかず市場に行き、他の人に感染させてしまった事も考えられます。

そのほかにも色々な事が考えられます。

他の人も、病原体の研究所が武漢市にあるため、市場での新型コロナウイルスが発生したのではなく、研究所から漏れたのでは?と言っている方もいます。

なかには、ユーチューブで同じ様な事を発言している人もいます。

その方のユーチューブ動画はこちらです。


習近平主席は発生源を明らかにするように、研究所に指示を出していますが、本当にわかるのでしょうか?

残念ながら、SARSの時は発生源は、はっきりしていないと思います。

新型コロナウイルスの感染については、中国だけではなく多くの国が、注目している発生源です。

発生源の特定、流出した経路がわかれば、これからの対応策も明らかになっていくはずです。

2002年に11月にSARSの感染が発表された時は、2003年の7月5日には終息宣言が出されましたが、同年の9月には台湾・シンガポールの研究所から社内感染の報告がありました。

SARSの時も、感染拡大で多くの方が亡くなりました。

2002年11月感染が発表されてから終息宣言が出るまで、約8ケ月かかっています。その後に研究所の社内感染ですから、病原体の取り扱っている人さえも感染してしまいます。

上にも書きましたが、病原体(新型コロナウイルス)を研究員の人が感染した事に気づかず武漢の市場に行くことも十分可能性はあります。

いずれにせよ、発生源が特定できればどの様に流失したのが見えて来るはずです。

今後の中国政府の発表を待ちたいと思います。

繊維関連のクラボウが中国から、新型コロナウイルスの試験キットを輸入販売すると報道していました。 どの様な検査キットな...

まとめ

  • 中国外務省報道官、趙立堅(ちょうりつけん)氏は、アメリカ軍より新型コロナウイルスを持ち込んだ可能性があるとツイートしています。
  • 中国でも発生源を調査中だが、今現在不明。
  • 多くの人が、新型コロナウイルスの発生源は武漢市にある、病原体を研究する研究所から漏れている可能性もあるといっている。

研究者の方からも発生源は複数ある可能性があると言っています。

その複数の可能性を明らかにして、どの様な対応策を進めて行くのか教えて欲しいと思います。

全世界の人が恐怖や不安を抱えています。

早く新型コロナウイルスの感染終息を心より願わずには、いられません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする