菊池桃子の愛犬「ビーちゃん」の画像は?犬のヘルニアの症状や治療方法も紹介!

広告
Pocket

6/9の放送で「あいつ今何してる?」の番組で愛犬で知られている菊池桃子さんの発言で避難を浴びています。

菊池桃子さんは、愛犬「ビーちゃん」が20歳を迎えていつ亡くなってもおかしくない状況だとテレビで語っています。

菊池桃子さんの長女は身体に障害あり、それを見ていると深く悲しみ精神的におかしくなってしまうようです。

そこで、長女の為に新しい子犬を飼ったのですが、その新しい子犬がヘルニアの症状が出て、ペットショップに返却したことで話題になっています。

犬のヘルニアの治療方法も気になりますね。

今回は、「菊池桃子の愛犬「ビーちゃん」の画像は?犬のヘルニアの症状や治療方法も紹介!」と題してお届けします。

広告

菊池桃子の愛犬「ビーちゃん」の画像は?

現在執筆中です。

広告

菊池桃子犬のヘルニアの症状は?

「ヘルニア」と聞くと「椎間板ヘルニア」のことだと思われる人も多いかと思いますが、そもそもヘルニアというのは、体内のある器官が、本来あるべき場所からはみ出している状態のことを指します。おへそが出ている「臍(さい)ヘルニア」や、腸管が出ている「鼠径(そけい)ヘルニア」などがありますね。

椎間板とは、背骨の間にあるゼリー状の組織で、骨と骨の間でクッションのような役割をしています。椎間板は外側が「線維輪」という組織、内側が「髄核」という組織からなっています。椎間板が何らかの原因で逸脱し、脊髄を圧迫している状態が「椎間板ヘルニア」です。
椎間板ヘルニアが起こった場所により症状は異なりますが、肢に麻痺が起こり、場合によっては歩行困難になったり、排泄のコントロールができなくなったりします。

正常な背骨と椎間板の状態と椎間板ヘルニアを起こした状態

正常な背骨と椎間板の状態と椎間板ヘルニアを起こした状態

—なぜ犬が椎間板ヘルニアになってしまうのでしょうか?

 椎間板ヘルニアになる原因としては、大きく二つあります。
一つ目は、加齢によるもの。年をとると線維輪が変質して亀裂が入り、そこから髄核が入り込みます。髄核が入り込むことでそのぶん線維輪が押し上げられ、今度は押し上げられた線維輪が脊髄を押してしまうことで、椎間板ヘルニアが起こります。

現在調査中です。

広告

菊池桃子犬のヘルニア治療方法も紹介!

現在執筆中

広告

まとめ

菊池桃子の愛犬「ビーちゃん」の画像は?犬のヘルニアの症状や治療法も紹介!

広告
広告