新型コロナウイルスに感染しない場所とは?慎重な行動で、感染率が下げられる。

Pocket

2020年3月2日時点での新型コロナウイルスの感染者は下の通りです。

引用元:https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-51641257

日々、新型コロナウイルスの感染者が増えています。

現在、横浜港に停船しているクルーズ船ですが、当初3,700人の乗船していました。新型コロナウイルスの集団感染により、3月1日に下船をしていますが、約700人が感染している事が明らかになっています。感染率として、約20%にもなっており、驚きの数字です。

日本の政府も学校を休みにしたり、各地位域でのイベントや世界大会など、一斉に中止などの対応をしていますが、拡大が防げない状況です。

新型コロナウイルスの感染拡大で、疑問な所が有ったのでご紹介します。

新型コロナウイルス感染の疑問な点

新型コロナウイルスの感染で疑問な所が何点か有ります。2020年1月24日中国人が、春節を利用して日本や全世界に移動をしました。  

引用元:https://www.asahi.com/special/corona/

この表は、3月4日時点での日本だけのコロナウイルスの感染状況です。北海道の感染者が多く南の沖縄や福岡などは感染者が少ない事がわかります。

気温は北海道は寒く、南の沖縄、福岡等は気温が高い事がわかります。

北海道のような寒い地域でのウイルス感染が拡大しているのが家の構造上、出入口が2重扉になっていたり、窓が2重構造のガラスになっているため、家の中が密封状態に近い状態になっています。

密封状態の環境では、繁殖しやすい環境になるわけです。

時期的に乾燥している事も大きな原因にも繋がっているのと感じています。

一方で世界の国でも気温が温かい国は、一時的に感染が増加しましたが、今は減少しています。

東南アジアのシンガポールでは、感染者数が90人を超えましたが、その後の対応で完治した人も多く、感染者数が少なくなっています。

それぞれの国の対応で、感染者が増減しているのは、大きく気温が関係しているのではないか?というのが感想です。

日本での満員電車は、東京・大阪・福岡もあります。電車の中で限られた空間で感染者が増えてもおかしくないはずですが、感染者数は北海道よりも少ないのです。

咳やくしゃみによる飛沫(ひまつ)感染が原因で何十倍も拡大するはずなのに不思議です。

おそらく電車内で、ウイルスが浮遊していても各駅ごとにドアが開き、列車内の空気が入れ替わりウイルスが減って感染者数も減少したのではないかと感じています。

中国の外務省、趙立堅氏(ちょうりつけん)の報道官が新型コロナウイルスがアメリカ軍が武漢に持ち込んだとツイッターでツイートしてます。...

「ダイヤモンド・プリンセス号」感染者が拡大した理由は?

感染者の拡大理由は、空気の循環の問題があると思います。本当であれば、外の外気を取り入れるところだが、この船は、船の内部のだけ空気を循環する方式をとっています。

中国政府の見解では、新型コロナウイルスの感染ルートは、霧状に浮遊ウイルスなどを鼻・口などから吸引する「エアロゾル感染」の可能性があると発表をしています。

引用元:https://seiai-riha.com/wp-seiai/wp-content/uploads/2019/10/141021-innaibenkyou01.pdf

そのために「ダイヤモンド・プリンセス号」に乗船していた人の多くの人が、感染した可能性が高いのは、納得します。

感染を避ける場所は、温泉地?

日本には、各地に温泉が有りますが。温泉地での感染情報が殆どないように思えます。

新型コロナウイルスには、温泉の湯気や温泉の温度で死滅する可能性があるかもしれません。

今の時期、喉や目や鼻が乾いたりしますから、湯気などは効果的だと思います。

新型コロナウイルスが感染しやすい所は?

隣の国韓国では、宗教で多くの人が教会などに集まり大声を上げてお祈りをしています。

そこでも多くの感染者が出ています。

その他に屋形船での感染者が多かったのが挙げられます。

当時は、雨で窓などを締め切っていたとっていました。厚生労働省の調べによると感染が広がった場所が次の所が有ったと言っています。

引用元:https://www.asahi.com/articles/ASN316JTLN31ULBJ007.html

イベントで多くの人が集まるような所は、感染リスクが高まる事になります。

日本でのオリンピックは勿論ですが、学校行事や自治会行事など、多くの人が集まる事が出来なくなります。

その対応策をどの様にするのかが、今後の課題になりますね。

繊維関連のクラボウが中国から、新型コロナウイルスの試験キットを輸入販売すると報道していました。 どの様な検査キットな...

新型コロナウイルスに掛からない為の行動

季節的にまだ寒い時期が3月〜4月初旬まで、続きます。

上で述べているように、比較的密封しているところを避け、人が多く集まる場所に

近づかなければ、新型コロナウイルスに感染するリスクは少ないと思います。

浮遊ウイルスを少なくするために定期的な換気、共通で使用するドアノブなどの除菌が出来れば、良いのではないかと思います。

まとめ

新型コロナウイルスで日本中で感染が拡大しています。感染が拡大しているのは、北の北海道です。気温が低い事と、家の構造上気密性が高い事も理由ではないかと思います。

できるだけ人が集まるような場所を避け、部屋の換気はこまめにしたほうが良いと思います。

家にいるだけでストレスを感じてしまう人は、ゆっくり温泉に浸かってみるのも良いかもしれません。東南アジア地位域の人は、多くの感染者がいても完治して感染者が減る傾向になっています。

もしかすると、日本の4月中旬頃から気温が上がり、感染者が減ってくる可能性があるのかな?と期待してしまいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする