大谷翔平2021現在の打点成績ランキングは?打率や今シーズンのホームラン本数予測も紹介

広告
Pocket

今回は、「大谷翔平2021現在の打点成績ランキングは?打率や今シーズンのホームラン本数予測も紹介」と題してお届けいたします。

大谷翔平選手はMLBで大活躍していますが、現在の打点や打率がどのランキングにいるのか気なる人が多いのではないでしょうか。

ホームランダービーの成績は、1位に輝いていますが2021年今シーズンのホームラン数を予測してみたいと思います。

それでは、一緒に見ていきましょう。

広告

大谷翔平2021現在の打点成績ランキングは?

2021年7月24日時点、大谷翔平選手の打点ですが74打点で3位の位置にいます。

チャンスに強い大谷選手です。

この結果は納得しますね。

打点が3位になっていますが長打率が.671と2位の位置にいます。

足が速い大谷翔平選手です。

大谷翔平選手ならシングルヒットも2塁打にしてしまいます。

後半戦には更にホームランや長打を量産して、打点がトップになる可能性も十分あります。

大谷翔平選手のような、投げて・打って・走っても選手はこれからも出る選手はいないかも知れませんね。

大谷翔平選手より上位の選手は?

大谷翔平選手より打点が優れている選手はどんな人のなのでしょうか。

2021年7月24日時点は、次のように成っています。

  • 1位 ゲレ-ロ   79打点
  • 2位 アブレイユ 75打点
  • 3位 デバース  74打点

ゲレーロ選手は、大谷翔平選手のホームランダービーで競っている選手です。

大谷翔平選手と1位のゲレーロとの差が5打点です。

大谷翔平選手が満塁ホームランと2塁打を打てば、すぐにでも打点のランキングが変わってしまいます。

そんなゲレーロと大谷翔平選手の打点争いは、これからも楽しみですね。

広告

大谷翔平2021現在の打率は?

2021年7月23日時点での大谷翔平選手の打率は、.271とランキング 26位の位置にいます。

大谷翔平選手は、ピッチャーと打撃の練習をする必要があります。

日本のプロ野球もそうですが、ピッチャーに専念する選手とバッテイングに専念する選手に分かれてれています。

それを大谷翔平選手を両方をやり遂げています。

.271の打率は、まずまずの成績だと感じますね。

それが、バッターに専念をすれば、日本のイチロー選手が2004年記録したに1シーズン262本安打は可能かも知れません。

大谷翔平選手より上位の選手は?

大谷翔平選手より打率上位の選手は、次の選手です。

順位選手名/チーム打率
1位ブラントリー.331
2位ゲレ-ロ.329
3位グリエル.315
4位ムリンス.314
4位フレッチャ-.314
6位ボーガーツ.312
7位アンダーソン.312
8位マルティネス.305
9位ヘルナンデス.298
10位クルーズ.294

1位のブラントリー選手の父親は、読売ジャイアンツとシアトルマリナーズでプレーしたミッキー・ブランドリー選手です。

親子でMLBで活躍出来るのは凄すぎますね。

そして、2位のゲレーロ選手の.329の数字は、凄いと思います。

1位のブラントリー選手との差を0.002に迫っています。

ひょっとすると、ゲレーロ選手が1位を獲得する可能性も出てきました。

ホームランダービーでも2位、打率でも2位とこれからも活躍ができそうな選手ですね。

広告

大谷翔平2021ホームラン本数予測も紹介!

2021年7月26日時点で、大谷翔平選手がホームランを打っている本数が35本です。

残り試合、70試合を考えると2試合に1本ペースでホームランが打つ事が出来れば、69本を打つのではないかと予測出来ます。

前半戦の活躍を見たら後半戦も最低でも30本のホームランが打てるのではと思ってしまいます。

今までの1シーズンの最高が、2001年のバリー・ボンズ選手で73本です。

その次が、1998年に達成したマーク・アグワイヤ選手で70本を打っています。

この70本の偉業を大谷翔平選手ならやってのける感じがします。

そして、今シーズンが終了した時点で、ホームランダービートップでいることを期待したいですね。

広告

大谷翔平sns反応は?

多くの人が、大谷翔平選手の事を注目しています。

それに、MLBの顔までと絶賛していました。

ここまで来ると、神も領域まで来ている選手と言っても良いのでは無いでしょうか。

広告

まとめ

いかがだったでしょうか?

「大谷翔平2021現在の打点成績ランキングは?打率や今シーズンのホームラン本数予測も紹介」について紹介してきました。

2021年7月23日時点での大谷翔平選手の打点は、74打点で現在3位に成っています。

ランキング3位は上々の成績だと思います。

そして、打率は.271で26位に成っています。

ピッチャーとバッテイングの2刀流です。

2刀流としては十分な結果を残していると思います。

現在のホームラン本数が34本とトップを走っています。

後半戦70試合でどこまで量産できるかわかりませんが、今シーズンが終わっていた時にトップでいることを期待したいですね。

広告
広告