ドラフト会議2019観覧募集はいつ? まだ知らないあなたに放送予定をご紹介!

引用元:http://npb.jp/news/detail/20190912_03.html

2019年夏の甲子園は大坂の履正社高校が優勝を飾りましたね。その後、U18ベースボールワールドカップは、韓国・オーストラリア・台湾に敗れて2勝3敗で日本が5位、予選リーグ敗退で終わりました。期待していただけに残念でした・・・

10月には、毎年行われるドラフト会議がありますが、2019年のドラフト会議に観覧するにはどうしたらいいの?と囁かれています。また、放送予定はどうなっているのか一緒に見ていきましょう。

2019年プロ野球ドラフト会議

プロ野球のドラフト会議は、将来有望な選手を各チームに振り分ける会議になります。中学校・高校生・大学生・社会人がプロ野球でプレーするためにプロ野球志望届けを提出して、プロ野球の各球団からオファーがあれば、はれてプロ野球選手の道がひらけます。

プロ野球志望届けを提出していないと進学や就職を希望していると思われ、ドラフト会議で指名される事はないようです。

2019年プロ野球ドラフト会議放送予定

2019年プロ野球ドラフト会議日程ですが、次の予定で行われます。ドラフト会議をテレビで見た人も多いと思いますが、テレビ以外にラジオ・インターネットでも中継していますのでご紹介します。

  • 【ドラフト開催日時】 2019年10月17日 木曜日 17:00〜
  • 【主催者】 一般社団法人日本野球機構(略称:NPB)
  • 【スポンサー】 大正製薬株式会社
  • 【会 場】 グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール

引用元:https://blog-imgs-81.fc2.com/a/k/i/akinomono2010/6113_01.jpg

テレビはTBS系列全国ネット放送や、スカイA(CS放送)。ラジオはニッポン放送、インターネットは、BASEBALL GATE、SPORTS BULL、Paraviで見れそうです。

昨年は、一番早く放送しているのは「スカイA」の16:30からで、「TBS系」は16:50から放送していましたね。「スカイA」はCS放送の為、有料になります。

テレビは見れないけどスマホ等で、中継を見たい人は、インターネットで「BASEBALL GATE」を検索すれば16:45から無料視聴が可能です。その他に「SPORTS BULL」も17:00から無料視聴が出来ますが、「Paravi」だけは、16:30から視聴が出来ますが、有料の為事前に契約を結ぶ必要があります。

例年ですとラジオは17:00から放送をしていますね。ドラフト会議は、平日の17:00からだと仕事中の人が多いのでは?と思ってしまいます。本当は、19:00位にしてもらうと良いのになぁ〜と思っている人が多いのではないでしょうか?

2019年プロ野球志望者届け

2019年プロ野球志望者届け提出の締切が10月11日になっているようです。高校生が甲子園で活躍した人や、U18で野球ワールドカップに出場した選手たちは、全員プロ野球志望届けを提出するのでは?と思いますが、まだ届けを出していない人が・・・

ドラフト1位間違いなしの大船渡高校出身の佐々木郎希選手などがまだですね。9月末には提出するのかな?と心配しています。

※関連記事はこちらから

2019年ドラフト会議開催観覧募集について

2019年9月13日に、2019年プロ野球ドラフト会議開催要項と観覧募集が発表されました。観覧応募期間は、9月13日 12:00〜9月26日 12:00までの13日間です。ドラフト会議観覧希望の人はNPBオフィシャルサイトの中にある応募フォームから申し込みができます。

これをクリックすると下の画像が表示されます。⇒ ※観覧希望申し込み※

引用元:http://draft.npb.jp/draft/2019/entry.html

上の画像の様な【観覧希望者募集要項】が表示されます。募集要項と応募の際の注意事項を確認します。確認した上で、応募する場合は2か所にクリックするだけです。「応募の際の注意事項」を確認しました。にレ点を入れます。「応募フォームへ」をクリックします。

2019年ドラフト会議を観覧するには?

「応募フォームへ」をクリックすると以下の画像が表示されます。

2019年ドラフト会議を観覧するには、【観覧応募フォーム】「仮登録」画面が表示され、仮登録を行います。

引用元:https://npb.jp/form/draft_pre/

内容を確認してご自身のmailアドレスを2ヶ所に入力をして、一番下の「送信内容確認」をクリックします。

そうすると下の画像の様な【観覧応募フォーム】「確認」画面が表示され、メールアドレスが間違っていないか確認してから「仮登録」をクリックします。

引用元:https://npb.jp/form/draft_pre/

メールアドレスが間違っていれば「戻る」をクリックして正しいメールアドレスを入れます。仮登録をするとご自身のmailアドレスにmailが届きます。

mailを確認すると下の画像の様な【プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD】観覧応募「仮登録」のお知らせmailが届いているはずです。

mailに記載しているURLをクリックすると次の画面にとびます。

そうすると下の画像の様な【観覧応募フォーム】「本登録」を行います。

引用元:https://npb.jp/form/draft_pre/

上の画像に【下記項目について応募される方の情報をご入力ください。】がありますので必要事項を入力して「送信内容確認」クリック →「送信」クリックをして本登録の完了です。

意外と簡単で観覧希望者募集要項から本登録まで10分もあればできました。

あとは抽選結果を待つだけです。当たりますようにと願うだけですね?

2019年ドラフト会議観覧倍率は?

インターネットでドラフト会議の観覧募集の当選発表が、10月11日までに当選者にだけmailで送付されるようです。昨年一般の人がドラフト会議の観覧に3万人の応募が合ったようです。それに対して、1000人位の席を用意しているといいますから、倍率は30倍にもなります。

今年のドラフトの観覧倍率は昨年の30倍よりも倍率が上がるのでは?と感じています。怜和の怪物佐々木朗希や変化球のキレが抜群の奥川恭伸の二人のピッチャーはピカイチで、ドラフト会議は大いに盛り上がるのはまちがいないでしょう。

毎年夏の熱い甲子園が終わり、U−18ベースボールワールドカップが始まると甲子園で活躍した選手達の多くが選ばれ、日の丸を背負い世界の強豪チームとの対戦は見応えがあります。U−18ベースボールワールドカップが終わると、ドラフト会議が近いと感じる人も多いのではないでしょうか?

去年の「注目選手は凄かった」と思うときもありますよね。それでは、昨年の2018年のドラフト会議がどんな結果だったのか振り返って見てみましょう。

昨年2018年ドラフト会議の結果

2018年のドラフト会議の結果ですが、根尾昂選手は4球団(ヤクルト・巨人・中日・日本ハム)から1位指名と小園海斗選手も同じく4球団(広島・DeNA・ソフトバンク・オリックス)から1位氏名を受けました。

抽選の結果、根尾昂選手は中日ドラゴンズへ、小園海斗選手は広島東洋カープに行くことになりました。各球団の監督や球団GMが抽選箱からカードを抜き、一斉にカードを見る瞬間(2〜3秒)がとてもドキドキしますね。

その後名前が書いてあるカードを引き当てた球団の人は、必ずといってガッツポースをしています。よっぽどうれしいんでしょうね。

2018年のドラフト会議で選ばれた人は、全員がプロ野球の道に進んでいきました。以前は、この球団には行きたくないと拒否した人もいましたね。プロ野球に入るのも狭き門ですが、プロで活躍するのは更に大変な事でしょう。

ドラフト会議で最多球団指名高校生ピッチャーは?

ドラフト会議で最多球団指名高校生ピッチャーは、2009年のドラフトで6球団より指名を受けました。その選手は2019年よりメジャーリーガーになった菊池雄星選手です。

岩手県盛岡市出身、花巻東高等学校卒業の選手ですが3年生最後の甲子園ではケガをしながらも順調に勝ち進み、準決勝では先発は出来ず途中からマウンドに上がりましたが、打ち込まれ数球でベンチに下がり負けてしまいました。

その後、菊池雄星選手がテレビのインタビューを受けた時に、次の様な事を言っていました。「準決勝の前夜、もう野球ができなくなっても良い。明日マウンドに立って投げたい。体が治って欲しいと願いながらボールを握りしめて寝ました。」野球での勝ちにこだわった人だったんですね。

ここ数年前のドラフト会議は、投手よりも野手が複数球団から1位指名を受ける事が多くありました。しかし、今年はピッチャーが豊富ですから菊池雄星選手の6球団より多くの指名を受ける可能性もあるのではと期待をしています。

まとめ

  • 2019年ドラフト会議は、2019年10月17日(木)17:00〜。
  • 2019年ドラフト会議の放送予定は、テレビ・ラジオ・インターネットで視聴可能です。
  • 2019年ドラフト会議を観覧するには、NPBオフィシャルサイトの中にある応募フォームから申し込む必要があります。

2019年のドラフト会議は大いに盛り上がるのでは?と思っています。メジャーリーガーの大谷翔平選手が高校時代に出した球速が160キロですが、この球速を抜いて163キロの佐々木朗選手にどこの球団が1位指名をするのか?興味がありますよね。

本当であればドラフト会議の観覧に当選すれば必ず見に行きますが、当たる倍率が30倍ですからはじめから応募せずあきらめている人もいるのでは・・・10月17日のドラフト会議が待ちどうしいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!