廣瀬俊朗と櫻井翔はNEWS ZEROで共演していた?東芝コーチ時代の秘話を講演会で暴露?

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190913-00068844-crankinn-ent

廣瀬俊朗さんを一躍有名にしたのはラグビーのドラマ「ノーサイド・ゲーム」の出演ではないでしょうか?すでに2019年9月15日に放送が終わっていますが、大人気のドラマでしたね。毎週楽しみに見ていた人も多かったのではないでしょうか?

廣瀬俊朗さんは、ラグビーファンなら知らない人はいないぐらい有名な選手だったようです。NEWS ZEROのMCで出演している櫻井翔さんとは大学が同じで、仲が良いと言っていましたね。

又、廣瀬俊朗さんは東芝ブレイブルーパスバックスで活躍していましたが2017年に引退してからもチームに残りコーチとして指導を行っているようです。忙しい中でもラグビーの発展のために講演会などでラグビーの魅力を伝えているようです。

今回は、櫻井翔さんと仲が良いのか、東芝ブレイブルーパスバックスのコーチ指導と講演会についてご紹介していきます。

廣瀬俊朗さんのプロフィール

廣瀬俊朗さんは、5歳から吹田ラグビースクールにはいり練習を始めています。ラグビーを初めて32年にもなるんですね。高校・大学・社会人・日本代表選手としてキャプテンに選ばれ活躍しています。

  • 名前:廣瀬俊朗
  • 生年月日:1981年10月17日
  • 年齢:37歳
  • 身長:173cm
  • 体重:82kg
  • 出身大学:慶應義塾大学
  • 出身地:大阪府

心からラグビーを愛し続けてる人だと思います。ラグビーをしている人に聞いた事がありますが、小さな体の人が大きい体の人にタックルして進行を止めるときは、命がけだと聞きました。

例えば体重が100kg以上の人が走って来たら普通の人は、簡単に飛ばされてしまいそうですよね!実際プレーをしている人はケガをしないように、練習をしていると思いますが自分より大きい体の人は怖いと聞きます。

ラグビーの試合を見ると、走ってくる人の脚を目掛けてタックルしていきますが、頭に脚がぶつかっても痛くないのかなぁ〜と思ってしまいます。残念ながら頭を鍛えることは出来ませんから凄い怖い感じがします。

廣瀬俊朗さんはNEWS ZEROで櫻井翔さんと対談

廣瀬俊朗さんと櫻井翔さんは慶応義塾大学で偶然にも同じ講義を受けていて、櫻井翔さんから声をかけたのかも知れません。櫻井翔さんは小学生の時にラグビーを2年間やっていたことがあったそうです。

廣瀬俊朗さんはラグビーのトップ選手で有名でしたので櫻井翔さんも知っていました。廣瀬俊朗さんと友達になりたくて声をかけたのでは?と思ってしまいます。

どんな形で友達になり仲が良くなったかわかりませんが、NEWS ZEROで対談したときは照れくさそうに仲が良いと言っていました。櫻井翔さんも、2019年は日本でワールドカップラクビーがあるので、一緒にお仕事が出来たらいいのになぁ〜と言っていました。

廣瀬俊朗さんと櫻井翔さんが大学の同級生で仲が良い事はわかりましたが、どの様な接点で、友達になったのか気になりますね。色々調べてみましたがわかりませんでした。お互いの家に行き来する間柄だと言いますから、まさしく親友と読んでも良いかも知れません。

家に行けば、酒を飲みながら将来の事を語り合ったりして、大いに盛り上がっていたのではと思ってしまいます。

関連記事:ワールドカップラグビー南アフリカ戦の勝因はこれだ!南アフリカのエースはこの人!

廣瀬俊朗さんはワールドカップ2019ラグビーのアンバサダーに

廣瀬俊朗さんは日本で行われるワールドカップ2019 ラクビーのアンバサダーに就任しています。12名のアンバサダーはラクビーの魅力を伝えるために2013年に発足しています。

今から6年前ですが2019年開催国、日本でのワールドカップラグビーを成功するために作られた組織なんでしょうね!

引用元:https://www.rugbyworldcup.com/news/256689

まだまだ、サッカーや野球の様にメジャーなスポーツになっていませんが今年のワールドカップの試合を見て知名度を上げ、小さな子ども達がラグビーをやりたいと思わせる事が重要だと思いますね。

そして、これからプロラグビー選手を育てる環境も必要だと思います。プロを育てる環境とは多くの企業側がプロラグビーチームを作り全体の底上げが必要なのではと思っています。

東芝ブレイブルーパスバックスのコーチに就任

廣瀬俊朗さんは2004年に東芝ブレイブルーパスバックスに入団しています。2年目からレギュラーを獲得してチームの勝利に貢献をしています。その後、日頃の活躍から2007年から2011年の5年間は主将になりチームの中心プレーヤーになっています。

2009年にはトップリーグプレーオフではMVPにも輝いています。2007年には日本代表選手にも選ばれ活躍をしています。

引用元:https://www.jsports.co.jp/rugby/about/guide_position/

2017年3月には惜しまれながらも現役引退をしてバックスコーチとしてチームの指導に力を注いでいます。バックスとは15人のポジションの中で後方の位置にいて、敵のトライを阻止するプレーヤー7人の事を言います。(ハーフバック・スリークォーターバック・フルバックの事を示します。)その7人の指導をしています。

関連記事:ワールドカップラグビー南アフリカ戦の勝因はこれだ!南アフリカのエースはこの人!

廣瀬俊朗さんの講演会

廣瀬俊朗さんは講演もしているようです。幼い5歳からこんにちまで、ラクビーをとうして経験談を基に話をしているようです。高校・大学・社会人・日本代表選手で、主将を務めていますので、強いリーダーシップを発揮した取り組みなどが聞けるのではないでしょうか?

その他にチームがいかに強くなるための施策などの説明もあるかもしれませんね。又、場を和ます為に過去に起きた、秘話や恥ずかしいエピソードを話したりしているのではないでしょうか?

「私が東芝ブレイブルーパスバックスに入団して初めて公式試合に出た時、あまりにも緊張しすぎてグランドに入る時に脚と手が一緒に動いてしまいロボットの様になっていたよと言われた事がありました。」とか、言ってたりして・・・

その他にチームがいかに強くなるための施策などの説明もあるかもしれませんね。ラグビーで良く聞かれる言葉として「one for all all for one」ですが、素直に訳すと「一人はみんなの為にみんなは一人の為に」だと思っていました。

多くの方はその様に解釈していたのではないでしょうか?本当は、「一人はみんなの為にみんなは勝利の為に」が正解の様です。この言葉を聞くと自然と自分も頑張らなくてはと思ってしまいます。

まとめ

  • 廣瀬俊朗さんは5歳からラグビーを始め高校・大学・社会人・日本代表にも選ばれキャプテンとしても活躍している。
  • 廣瀬俊朗さんはNEWS ZEROで櫻井翔さんと同じ大学で仲が良いと言っている。
  • 廣瀬俊朗さんは「東芝ブレイブルーパスバックス」のバックスの専任コーチ
  • 廣瀬俊朗さんは講演会で強いリーダーとは強いチームを作る施策について講演している。

ラグビーファンの人なら誰もが知っている廣瀬俊朗さんですが、目覚ましい活躍をしている人ですね。これからのラグビーの発展に力を注いでいる若きリーダーと言っても良いでしょう。ワールドカップラグビーが日本で開催・大成功で終わる為の立役者の一人ではないでしょうか?これからの活躍が楽しみですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!