道路交通法改正の刑事罰内容!自動車運転「ながらスマホ」で一発免停?

引用元:https://www-test.ancar.jp/channel/owning/system/18723/

2019年12月1日から道路交通法の改正が施行されます。今は、高齢者の運転操作のミスによる交通事故が多くニュースで報道されています。ブレーキとアクセルの踏み間違いによる交通事故が後を絶ちません。

また、あおり運転による迷惑運転や死亡事故も毎日の様にニュースなどで目にしますね。今回の道路交通法の改正で自動車運転の「ながらスマホ」で違反をすると免停に成ったり事故の大小によっては刑事罰になることもあるようです。

どうしたら免停になるのか?刑事罰内容はどんなものなのかをご紹介します。

自動車の「ながらスマホ」運転

今回の道路交通法の改正は運転中のスマートフォン使用による交通事故が増えている理由で、罰則が改正されています。今は、多くの人が持っているスマートフォンは非常に便利ですが、運転しながらの操作はとても危険です。

スマホを見ながらの事故が増加

運転をしながらスマートフォンを見ている人が多いのは驚きです。特に高速道路を走行中でも下を見ながら運転している人のほとんどがスマートフォンを操作していますね。

自分だけではなく、他人を巻き込む恐れのある運転は直ぐにやめて欲しいものです。警察の調べによると2008年にスマートホンが日本に発売されて、運転時に携帯電話やカーナビゲーションやスマートホンを注視による原因事故が2038件でした。

2017年は2832件 2018年は2790件で、約1.4倍に増えています。

引用元:https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/keitai/info.html

上の表を見ての通り事故が増えている理由から、運転時のスマートホン使用(ながらスマホ)の「罰則と違反点数」の引き上げが実施されます。

罰則と違反点数は?免停・取消にもなる!?

携帯電話の使用等により「交通の危険運転」の罰則は次の様になります。

  • 改正前:罰則3ヶ月以下または、懲役5万円以下の罰金 違反点2点ですが、酒気帯びは14点で免停です。
  • 改正後:1年以下の懲役または30万円以下の罰金 違反点6点で免停です。酒気帯びは16点で免許取消です。

改正後の「罰則」は、改正前に比べるととても厳しくなっていますね。違反点数が6点ですので即免許停止になる他、懲役となれば刑務所に入ることになりますから、直ぐに運転しながらのスマホ操作は直ぐにやめましょう!

また、スマートホンや携帯電話での通話やカーナビゲーションやスマートホンなどの画面を注視した場合は、「保持」とみなされ次の様になります。

  • 改正前:罰金5万円以下 違反点1点ですが、酒気帯びは14点で免停です。
  • 改正後:6ヶ月以下の懲役または10万円の罰金 違反点3点ですが酒気帯びは15点で免許取消です。

交通の危険運転だけではなく保持した場合でも、改正後は懲役になる可能性がありますから、運転中は、携帯電話やスマートホンはドライブモードにして電話等は受信しないようにした方が賢明のようですね。

運転する時の心構えが大事!

昔からある飲酒運転防止標語で「飲んだら乗るな! 乗るなら飲むな!」があります。多くの人が知っているのではないでしょうか?携帯電話やスマートホンでも「電話するなら運転するな!スマホ見るなら運転するな!」の気持ちを持ったほうが良いでしょうね!

道路交通法改正で罰則金が高額に!

「罰則金」も罰則や違反点と同様に見直され高額に成っています。自動車免許を持っている人は罰則金が高額になってもならなくても、運転時の操作はやめるべきです。携帯電話の使用等により「交通の危険運転」と「保持」の罰則は次の様になります。

「危険の危険運転」の場合

  • 改正前:大型12,000円 普通 9,000円 二輪 7,000円 原付 6,000円
  • 改正後:反則金の対象外 刑事手続きになります。

刑事手続きとなれば、犯罪の事実を明確にして刑罰を決める事になります。事故の大小によっては逮捕や勾留の可能性があります。

「保持」の場合

  • 改正前:大型 7,000円 普通 6,000円 二輪 6,000円 原付 5,000円
  • 改正後:大型 25,000円 普通 18,000円 二輪 15,000円 原付 12,000円

今回警察の道路交通法の改正は、重大交通事故を越してしまう「ながら運転」を防ぐために設けたものです。今は、運転の補助をしてくれる車もある中でこれからますます「ながら運転」の違反が増える事を予測しての改正でもあるのかな?と思っています。

刑事事件になる可能性もあり

煽り運転がニュースでよく取り上げられていますが被害者の人が警察に被害届を出して加害者が捕まる事があります。ドライブレコーダーに写っている動画が重要になりますね。その動画が決め手になり刑事事件になることもあるようです。

今回の道路交通法の改正で交通事故が刑事事件(刑事罰)になる場合についてご説明します。交通事故を起こすと人身事故や対物事故と思う人が多いと思います。その損害賠償額を自動車保険でカバーする為に任意保険に入って備えているのではないでしょうか?

刑事罰の内容とは

交通事故は自動車の運転で人をケガ・死亡させたりすると自動車運転処罰法により刑罰が規程されていて処分を受ける事があります。そのため交通事故の大小次第では刑事罰になる可能性があるようです。

悪質な運転により被害者が死傷した場合などは、刑事責任になり刑事罰を受ける事になります。具体的に言うと飲酒運転・ひき逃げ・煽り運転・死亡事故などで逮捕や勾留になる可能性があります。

今回の道路交通法改正に伴い「ながらスマホ」で交通事故を起こすと刑事罰を受ける可能性があることになります。刑事罰は次の様になります。

引用元:https://best-legal.jp/traffic-accident-criminal-11891

この様な刑事罰を見ると数秒の「ながらスマホ」運転で処分されると思うと、すぐやめようと思ってしまいます。自分が運転手で事故を起こし相手を死傷させたら後悔しても後悔しきれません。

被害者の方だけではなく、ご自身の家族などにも迷惑を掛けることになります。そうならないためにも「ながらスマホ」はやめましょう!

今すぐ「ながら運転」「歩きスマホ」やめよう!

家族や友人が交通事故の犠牲者になることは考えたくはありません。車は便利な乗り物ではありますが、使い方を間違えると狂気にもなります。そのためにも、自動車運転中の電話やスマホを操作するのは絶対やめるべきです。

引用元:https://fudousan.kanbanshop.jp/kanri/sisetu/VH-181/

今は、自転車の運転中や歩行中でもスマートホンを見ながらの人を多く見かけます。以前スマートホンを見ながら歩行している人同士がぶつかり転んでケガをした記事を見ました。スマートホンに夢中になりすぎて、周囲が見えなくなりケガをするなんて論外ですよね。

人間のモラルが欠けています。今一度自分の行動を見直す時期に来ているかも知れませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!