新庄剛志プロ復帰宣言どこで練習開始?過去の成績がイマイチ!?

引用元:https://www.nikkansports.com/baseball/column/kunikaraheisei/news/201810050000402.html

新庄剛志は、日本のプロ野球を経験後、メジャーリーガーになった選手です。「記録はイチローにまかせて、記憶はボクにまかせて」と新庄剛志らしいコメントを残しています。新庄剛志は個性的で想像がつかない事をやってしまいます。

例えば、覆面を被って登場したりまた、ある時はバイク(ハーレーダビットソン)に乗って登場したりプロ野球ファンの人たちは、今度は何をやりだすのか楽しみにしていたと思います。

そんな新庄剛志は引退をしてから14年間が経ちますが、プロ野球復活宣言をしています。過去の成績とプロ野球復活の練習は、どこでするのかご紹介します。

新庄剛志の魅力とは

新庄剛志のパフォーマンスは今までのプロ野球選手にない、とても魅力的な存在で記憶に残る選手と言ってもいいでしょう。新庄剛志は個性的で最高のパフォーマンスを見せてくれますが、試合でも良い所でヒットを打ったり、守備ではダイビングキャッチなどでも活躍を見せてくれます。

外野でのダイビンキャッチやホームへのレーザービームの様な返球は、新庄剛志の魅力の一つです。多くの人は天才的な選手だと言いますが、新庄剛志は天才ではなく地道な練習により作り上げた努力家プレーヤーです。

新庄剛志は練習をしているところは、あまり見せたくないと言っています。チーム練習の時は普通に取り組み、みんなが寝静まった時に一人で起きて練習に励む、そんなイメージを持つ選手です。そんな地道な練習から一軍に昇格して華々しいデビューを飾っています。

それは、1989年ドラフト会議5位で阪神タイガースに入団しています。2軍で3年間過ごし1992年5月にスタメン出場をはたし、第一打席にレフトスタンドにホームランを打って一躍人気者になりました。

過去の成績

新庄剛志はプロ野球での活躍は13年間でしたが、1996年6月の巨人戦に敬遠球を打ってサヨナラヒットや2004年オールスター戦では3塁からホームへのホームスチールを演じています。これらのプレーはこれからも語り継がれる事でしょう。個人成績は次の通りです。

「日本球界通算成績 13年間」

  • 試合出場:1411試合
  • 打席数:5163
  • 安打数:1309
  • ホームラン:205本
  • 打率:0.254

「メージャーリーグ成績 3年間」

  • 試合出場:303試合
  • 打席数:876
  • 安打数:215
  • ホームラン:20本
  • 打率:0.245

新庄剛志は、ホームランを打てるバッターですが、魅力はなんと言っても守備力でしょう。メジャーリーグではゴールデングラブ賞を10回受賞しています。守備範囲の広さと肩の強さはピカイチでした。新庄剛志の凄さがピンとこないためイチローと比較してみました。

打率は、0.249ですのでプロ野球選手では普通の位置にいますが、イチローより9年間現役が短いのにも関わらず、ホームランの数はほぼ一緒です。また、ゴールデングラブ賞も二人共10回です。イチロー選手の守備力はピカイチでしたが、新庄剛志も負けずと劣らずの選手だったことがわかります。

復帰を目指す練習はどこで?

新庄剛志はプロ野球に復活宣言しています。1年後の2020年のトライアウトに挑戦すると明言しました。すでに練習をスタートしているはずですが、どこでやっているか調査してみました。

11月20日 ご自身のインスタで東京の渋谷駅前の交差点で、トレーニングしている動画を公開しています。東京はこれから寒くなります。年内くらいは東京で練習をしますが、それからは新庄剛志の地元、福岡県南区で練習をすると思います。

東京より福岡の方が気温が高く練習するにはベストです。福岡でも寒い頃には、家があるインドネシアにもどり練習する事になるでしょう

以前、新庄剛志はモトクロスレーサーを目指していましたが、プロになった話は聞こえてきません。それが日本のプロ野球選手に復帰は驚きでした。2006年に引退してから2020年トライアウトを受けるのであれば、14年ぶりの復帰に挑戦です。

今までの伝説を作ってきた新庄剛志ですからきっと、プロ野球プレーヤーになる可能性は高いですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!