山田孝之と長澤まさみの共演作品はセカチュー?映画の初共演はいつ?

広告
Pocket

今回は、「山田孝之と長澤まさみの共演作品はセカチュー?映画の初共演はいつ?」

と題してお届けしていきます。

長澤まさみと山田孝之は、若い時から映画やドラマに出演で色々な賞を受賞しています。

日本の代表する女優、俳優にまで登りつめました。

出演する映画やドラマは必ずと言っていい程、注目を浴びてヒットしますね。

そんな二人の共演作品はセカチューなのか、映画の初共演はいつなのか調べて見ましたので一緒に見ていきましょう。

広告

山田孝之と長澤まさみの共演作品はセカチュー?

長澤まさみと山田孝之は若い頃から映画やドラマに出て大活躍されていました。

2004年に「世界の中心で、愛をさけぶ」は青春ラブ・ストーリーとして、話題を集めた映画の一つに上げられます。

「世界の中心で、愛を叫けぶ」を「セカチュー」と呼ばれる程、涙あり感動ありのラブ・ストーリーで、この年の1位を飾る大ヒット映画になり、社会現象にもなりました。

映画の大ヒットから2ヶ月あまりでドラマ化されたり、翌年には舞台にもなる程の大人気でした。

映画では主人公「松本 朔太郎(さくたろう)」の青年時期を俳優大沢たかお、高校時代を森山未来が演じています。

引用元:https://welcame.exblog.jp/15488674/

高校時代の彼女役「広瀬亜紀」を長澤まさみが演じました。

森山未來は新人俳優賞、優秀助演男優賞を獲得しています。

長澤まさみは最優秀助演女優賞を獲得して、多くの人が長澤まさみを知る事になりました。

長澤まさみは白血病の抗がん剤の副作用で髪の毛が抜ける役を、自ら頭の髪を剃って演じ大いに話題になっています。

映画の「セカチュー」では長澤まさみと山田孝之の共演はなかったんですね!

ドラマ化で主人公を山田孝之

ドラマ化の時に、主人公「松本朔太郎」役に山田孝之、「広瀬亜紀」役に綾瀬はるかが演じていました。

この年、セカチューの映画は「第28回 日本アカデミー賞」を受賞、ドラマでも視聴率が19.1%も飾りすごい大人気でした。

広告

山田孝之と長澤まさみ映画の初共演はいつ?

山田孝之と長澤まさみの活躍は、誰もが知っていると思います。

山田孝之は、真面目な表情で面白い事をするとっても愉快な人です。

どちらかと言えば、いたずら好きな少年が大人になった感じですね。

でも、映画やドラマに出演している演技は流石に素晴らしいものがあります。

実力派俳優の一人です。

長澤まさみと言えば、スタイル抜群でとても綺麗な女優です。

2004年公開映画「世界の中心で、愛を叫けぶ」でヒロイン役はとても魅力的でした。

そんな、超売れっ子のお二人が初共演した作品が、2007年6月公開映画「そのときは彼によろしく」でした。

あらすじはこんな感じです。

小学生の頃、山田孝之(主人公)さんが転校して来ました。

長澤まさみ(ヒロイン役)と俳優の塚本高史(友人)さんが3人が幼馴染の設定で、3人仲良く遊んでいました。

幼馴染の3人は、塚本高史が長澤まさみに恋心をいだき、長澤まさみは山田孝之に恋心をいだいていました。

そんな仲が良い3人のひとり、山田孝之(主人公)が再び転校して3人ともバラバラの道を進むことになります。

そして、偶然にも再開をし3人の繊細の恋心と友情が混じり合うラブストリーになっています。

二人が再び共演

2018年6月に公開した映画「50回目のファーストキス」で、二人が再び共演を果たしていますが、二人のダブル主演に成っています。

10年ひと昔と言いますから、お二人はどの様に思っているのでしょうか。

少し興味がありますね!

山田孝之は、10年以上たっても長澤まさみに対して「すげぇ〜綺麗になってる〜」

とか「緊張してキス50回も出来ね〜」とか思っているかも知れませんね。

広告

2004年に洋画で公開

「50回目のファーストキス」は2004年に洋画で公開している映画で、アダム・サンドラーとドリュー・バリモア共演で大ヒットした作品です。

この二人は、恋愛ラブ・ストーリーの映画を3回共演している程、お似合いの恋人同士だと言われていました。

14年後の2018年に日本でも長澤まさみ、山田孝之主演「50回目のファーストキス」は、大きな話題になりました。

人気の女優と実力派俳優の映画です。

テーマも「50回目のファーストキス」ですから映画の中で50回もキスするのかな?

と気になってしまいました。

キスシーンを取る日は念入りに歯磨きをするとか言いますから、お二人も歯磨き時間が長いのかな?

とついつい思ってしまいます。

映画のストーリー

「50回目のファーストキス」のストーリーは、記憶障害を持つ彼女(長澤まさみ)が前の日の事を全て忘れてしまう病気にかかっています。

毎日諦めずに彼女にアタックし続ける男性のラブ・ストーリーです。

映画に出演した人のほとんどの人が、大いに笑い、泣いたと言っていました。

ムロツヨシも出ているので面白くて笑ってしまいます。

長澤まさみと山田孝之は似てる?

山田孝之がインスタグラムを更新しています。

髭を剃り髪も長澤まさみが以前して髪型にしていたこともあり、そっくりと話題にも成っていました。

富士通のスマートホン「ザ・割れにくいスマホ」ArrowsのCM撮影時の休憩時間に写真を撮っていたんでしょう!

それをインスタグラムにのせています。

普段は、頬まである髭と太い眉毛が印象の山田孝之ですが、髭や太い眉毛も綺麗に整っていて綺麗な横顔です。

広告

似ているのは笑っている所

山田孝之がバラエティ番組でやる長澤まさみのモノマネは、顔をクシャクシャにして笑う所が結構似ているんですよね・・・

福田彩乃や多くの人が、長澤まさみのモノマネをしていますが、ほとんどの人が同じ様な顔の表情を真似しています。

引用元:https://zatuneta.com/nagasawamasami_yamadatakayuki-750

長澤まさみのモノマネは、比較的真似やすい人かもしれませんね!

本人は、嫌かもしれませんがモノマネをしてもらえるという事は、一流芸能人の証として考えるべきです。

笑っている所をモノマネをされても嫌がらず、どんどん笑って欲しいですね。

どんな人でも笑っている表情はとてもステキです。

まとめ

山田孝之と長澤まさみの共演作品は「セカチュー」ではありませんでした。

2004年に公開した映画「世界の中心で、愛をさけぶ」で、彼女役として「広瀬亜紀」を長澤まさみさんが演じました。

社会現象にもなった「世界の中心で、愛をさけぶ」は、ドラマ化になりドラマで主人公「松本朔太郎」役を山田孝之が演じました。

映画がドラマ化にもなり、ものすごい大ヒット作品でした。

山田孝之と長澤まさみの映画の初共演は、2007年6月公開の「そのときは彼によろしく」でした。

いかがだったでしょうか?

今回は、「山田孝之と長澤まさみの共演作品はセカチュー?映画の初共演はいつ?」と題して紹介しました。

長澤まさみの演技はとても素晴らしいのですが、色気を感じる日本を代表する女優になりました。

山田孝之は、若い時から演技をしていた事もあり、どんな役でもこなす演技力は素晴らしい俳優にまで成長しました。

そんな、素晴らしいお二人が出演する映画は間違いなくヒットしますね。

広告