ヒットを打って、ヒーローになる方法!バッターボックスに入る前と入った後に必ずすることとは?

広告
Pocket

野球をやっていると、早く自分のところに打席が回ってこないかな〜と思う時がありますよね!自分がヒットを打ってヒーローになり、勝利したいと思っている人が、ほとんどではないでしょうか?

そんな思いをかなえるために、バッターボックスに入る前にやること(ヒットを打つための事前準備)、入ってからやること(ヒットを打つための考え)をご紹介しますので参考にしてみてください。

広告

バッタボックスに入る前にやること

バッターボックスに入る前に、たくさんやることがあります。特にネクスト・バッターズ・サークルにいる時には、相手ピッチャーの観察、ランナーがいればホームに走ってくるランナーへの指示などがあるため、常にボールを見ている必要があります。

バッターの次にピッチャーに近く、守備位置やランナーの動きなどの良く見える位置にいて、的確な指示が出来るのでグランド内のコーチと言っても過言ではないですね。ネクスト・バッターズ・サークルにいる人の指示によって点数が入るか入らないか大きなカギにもなります。

以前私がした失敗談になりますが、どんな状況でもボールから目を離さないのが基本です。私がネクスト・バッターズ・サークルにいる時、スパイクの紐がほどけていることに気がつき、結び治す為に一瞬ボールから目を離した所、バッターの打ったボールが私の所にフライで飛んできて、ボールを追ってきたキャッチャーとぶつかった事が有りました。

ぶつかったときは何が起きたかさっぱりわかりませんでした。本当であれば、ネクスト・バッターズ・サークルから出て、キャッチャーの守備の邪魔をしては行けないのですが、ぶつかってしまい守備妨害でアウトに成った事がありました。

試合終了後のチーム全体のミーテーィングで、『基本中の基本!ボールから目を離さない事が出来ていない!』と監督に叱られてから、バッターボックスに入る前とか守備位置についた時にはスパイクの紐が、ほどけていないか必ず確認をすることにしました。試合中(インプレー中)にボールから目を離すことはなくなりました。

ネクストバッタクルにいるの注意点

ネクスト・バッターズ・サークルにいる時の注意点は2つあります。1つ目は、ランナーに対する走塁指示、2つ目は、ホームに走ってくるホームベースの付近に障害物が無いかの確認です。

1つ目のランナーに対する走塁の指示について一番に注意して欲しいのが、ランナーに見える所で、指示をすることです。3塁ベースとホームベースを結んだ延長線にいて、主審やキャッチャーなどにぶつからない様に出来るだけホームベースに近づき、ランナーが見える所で、走塁の指示をすることです。

体を使って、『走れ、止まれ、右にスライディングしろ、左にスライディングしろ』等、2回、3回、4回と繰り返して合図をおくればランナーも迷うことなく走塁が出来るでしょう。

2つ目に注意して欲しいのが、ホームベース付近にバットやキャッチャーマスクなどが無いかの確認です。ランナーが、ホームベースに向かって必死に走ってきます。必死に走っているとホームベースしか見えない場合があります。

ランナーの走塁付近に障害物が無いか確認して、障害物があれば取り除くことが重要です。過去にバットが有る事に気がつかず、接触してケガをしたことが有りましたので、必ず対応しましょう。

広告

ムに走ってくるランナへの指示

相手側の守備の乱れで、3塁よりホームベースにランナーが走ってくる場合、バッターボックスにバッターがいればバッターが指示をしますが、いなければ、ネクスト・バッターズ・サークルの人が指示をします。

前のバッターが、ボールを打ったりしてホームベースにランナーが走ってくる場合は、ネクスト・バッターズ・サークルの人が、ボールの行方確認と走ってくる人の足の速さ、スライディングのうまさをとっさに判断して、『走れ、止まれ、右にスライディングしろ、左にスライディングしろ』等、ランナーに指示することが役目です。判断を謝るとタッチアウトになりますので、とても重要です。

日頃の練習から部員の足の速さ・スライディングのレベルを確認しておく必要があります。多くの人が、足が速い所だけを注目しがちですが、いくら足が早くてもタッチをかわすスライディングが出来なければ、タッチアウトになってしまいますので、総合的な判断が必要になります。

例えば、いくら足が早くてもスライディングが下手な人の場合、クロスプレイになりそうな時は、無理にホームへ導くことはしないほうが良いでしょう。

けてのホムイン

バックホームでボールが戻ってくるタイミングと、ランナーがホームベースに来るタイミングを予測して、余裕でホームイン出来る場合は、大きく両腕で頭の上に(肩幅より少し広く)手を上げてください。万歳をした状態ですね。これが余裕でホームイン出来る合図です。

スライディングしてのホムイン

バックホームでボールが戻ってくる時、ランナーとキャッチャーのクロスプレイの場合があります。キャッチャーへ送球されたボールが右にそれたり、左にそれたりしますので、キャッチャーがキャッチする場所を予測してスライディングの方向を指示します。

・右側にスライディングする合図は、両腕で右足側に向かって振り下ろします。

・左側にスライディングする合図は、両腕で左足側に向かって振り下ろします。

できるだけ早く振り下ろす事がコツです。この動作を2回よりも3回、3回よりも4回と出来るだけ多くすることでランナーにも伝わりやすくなります。

ランナを止める。

ホームベース上でタッチアウトの可能性があると判断した場合は、ホームベースに向かって走ってくるランナーを止めて、3塁ベースに戻す指示を出します。

ランナーが、ホームベースに向かって必死に走ってきますので、体を大きく使って合図をおくったり、大声で『ストップ』や『戻れ』を連呼します。

ランナーを3塁ベースへ戻す合図は、胸の前で両手を使い大きなボールを投げ返す様にします。(コツは、バスケットボールをパスするような感じで、パスを終えた時はランナーに手のひらを見せる様にします。)できるだけ早く、この動作を2回よりも3回、3回よりも4回と出来るだけ多くすることでランナーにも伝わりやすくなります。

位置の確認

ベンチにいる時やネクスト・バッターズ・サークルにいる時、どの様な守備位置になっているか確認しておく必要があります。回・得点差・アウトカウント・ランナーがいる、いないによっては、変動はしますが把握しておくと良いでしょう。

ポイントとは?

  • 外野が浅く守っているか?深く守っているか?
  • 外野で大きく空いているところは、どこか?
  • 内野が浅く守っているか?深く守っているか?
  • 内野で大きく空いているところは、どこか?

その時の状況に成りますが、3塁手が深く守っていれば3塁線にバントや1・2塁間が大きく空いていればそこを狙って打つ様にすれば良いでしょう!日頃から練習をすれば、ある程度目標方向に打つことはできますので取り組んでみてください。

私が、以前取り組んでいたのが、どのコースに投げられても決めた方向に打ち返す練習をしていました。右バッターでしたので、左(レフト)方向に打つ場合は、内角コースや真ん中のコースのボールは体の開き(肩と・ヒザの開き)を止めて、頭を軸にして早い回転を意識してスイングをしていました。

スイングで注意して欲しいのが、バットのトップ位置では、右足(後ろの足)に100%体重が乗りますが、インパクトの時は100%左の足(前の足)に体重が移動になります。左の足(前の足)に体重が乗らないと早い回転が出来ませんので、意識してやってみて下さい。

外角コースを左(レフト)方向に打つコツは、左足(前の足)をホームベース側に踏み込んでスイングになりますが、バッターボックスから足が出るとアウトになりますので注意してくださいね。

1999年6月12日 巨人 対 阪神戦で、延長12回1アウト1塁、3塁で新庄剛志さんが、敬遠球を打ってサヨナラヒットで阪神が勝ちました。見事に左の足(前の足)をホームベース側に踏み込んでレフト側に打っていますね。

さすがプロ野球選手ですが、冷静に見てみるとバッターボックスから足が出ているのでサヨナラヒット?・・・・

トスバッティングや、フリーバッティングで、練習を重ねれば、出来るようになりますので取り組んでみてくださいね。

投球練習、球威や球スを確認

投球練習は、限られたボールしか投げられないことは知っていると思います。球威や球種を確認するのも当然ですが、一番重要なのは、キャッチャーが構えたミットの所にボールが来ているかです。外角コース低めにミットを構えているのに内角コースにボールが来ている場合、コントロールに難があると判断してもいいでしょう!その時は、打ち急ぎをせず少し様子を見た方が良いでしょう。

バッタボックスに入ってからやること

バッターボックスに入る前に、色々な情報をインプットしてからバッターボックスに入ります。日頃の練習で、自分の苦手な所を克服してバッターボックスにいるはずです。

バッターボックスに入ってから『グリップの位置が高いとか低い』とか色々考える人もいるようですが、私は技術的なことは、一切考えないようにしていました。以前は、色々考えてバッターボックスに入っていましたが、良い結果が出ていないことに気づきました。

バッターボックスにいる時は、必ずヒットを打たないといけないと色々と考えてしまい、冷静さを失っていました。冷静さを失うと体の色々な所にムダな力が入ってしまい、ぎこちないスイングになっていたと思います。

その後、出来るだけ平常心でいられるように、バッターボックスに入る直前に鼻で息を吸って口で長く吐く、深呼吸をしたり、顔は笑みを浮かべる様に心掛けていました。結果は100%良い方向には行きませんでしたが、その方が気持ち的に楽ですし、結果的に良い方向にいった様に感じています。

まとめ

野球で勝利するために、ピッチャーを攻略しなくてはいけません。相手のミスやスキを盗んでソツのない走塁、バッティングで勝利を導きましょう!そのためにも、バッターボックスに入る前からいろいろ準備しておきましょう。

ネクスト・バッターズ・サークルで、相手ピッチャーの観察、ランナーに対して、ホームベースに導くのか、3塁ベースに戻すのか判断が必要です。

ランナーをホームベースに導く場合や3塁ベースに戻す場合、体全体を使って合図で指示したり、大声で伝える事が重要です。

ランナーがケガをしない為にもホームベース付近にバットやキャッチャーマスクなどが無いか確認して、障害物があれば取り除く事が重要です。

事前に守備位置を確認して、どこに打ったら良いのか考えた方が良いでしょう。

投球練習の時、球威や球種・コースを確認しますが、一番重要なのは、キャッチャーが構えたミットの所にボールが来ているかです。コントロールが定まっていない場合は、打ち急ぎをせず少し様子を見た方が良いと思います。

バッターボックスに入ったら、技術的なことは一切考えないようにして、平常心で望んだほうが良いでしょう。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする