柴咲コウ北海道の共同ファームの場所はどこ?共同経営者は誰で画像も紹介

広告
Pocket

今回は、「柴咲コウ北海道の共同ファームの場所はどこ?共同経営者は誰で画像も紹介」と題してお届け致します。

柴咲コウさんは、今までお仕事の関係で東京に住んでおりましたが、北海道で共同ファームのところに家を建てた言っていました。

そうすると、東京と北海道の2拠点での活動することになりますが、北海道の共同ファームの場所がどこにあるのか気になりますね。

そして、共同経営者が誰なのか気になる人も多いのではないでしょうか。

その人の画像を調べて見ましたので一緒に見ていきましょう。

広告

柴咲コウ北海道の共同ファームの場所はどこ?

柴崎コウさんの共同ファームについては、友人と一緒に経営していると2020年8月26日のユーチューブ動画で話をして入りました。

その共同のファームの住所が、判明しました。

「女性自身」の雑誌に記載がありました。

本誌が取材を進めると、柴咲の牧場は新千歳空港の近くにあることがわかった。その広さは東京ドーム6個分ほど。 登記によると、農畜産物の生産、加工および販売をしており、さらに馬に乗って行う団体球技の一つである「ポロ」の競技馬の生産や調教なども行っているという。

引用元https://news.yahoo.co.jp/articles/80df3ef832117bdb396386fe3b9cb91fbb078029

そのファームの場所が新千歳空港付近と記載があります。

このファームの大きさが、東京ドーム6個分といいますから驚きです。

柴崎コウさんは、お忙しい人です。

東京でお仕事をして、北海道に移動するわけですが、交通の便を考えると空港の近くが良いのは理解できますね。

調べてみると、新千歳空港付近にはファーム蓄農体験場所が多くあります。

もしかすると、そのどこかの1つが柴崎コウさんが共同経営しているファームの可能性が高いと思います。

広告

柴崎コウ北海道の共同経営者は誰?

柴咲コウさんが、北海道で共同でファームを経営しているといっていますが、共同経営者はどんな方かというと名前は、フウ・フェイフェイさんです。

フウ・フェイフェイはどんな人

フウ・フェイフェイさんは、中華系の実業家だと言われている人のようです。

中華系ですから台湾や香港の人の可能性もあります。

柴咲コウさんとフウ・フェイフェイさんとの出会いは、2015年頃イギリスで出会い、年齢が同じ、北海道出身と共通点も多い事もあり仲が良くなった言っています。

広告

柴崎コウ共同ファームの経営者画像は?

引用元:https://doorto.net/shibasakikou-hufeifei/

写真の右側にいる男性が、フウ・フェイフェイさんです。

この人の経歴は、イギリスの王室で仕事をした事がある事がわかっています。

詳しく調べて見ると2006年から8年間、イギリスのチャールズ皇太子の秘書官として仕事をしていました。

フウ・フェイフェイさんの学歴もすごくて、オックスフォードや早稲田大学で哲学を先行している事もわかっています。

頭のキレる男性のようですね。

イギリスの王室で働いていたこともあり、イギリスの皇族と今でも交友があると明かしています。

広告

まとめ

いかがだったでしょうか?

柴咲コウ北海道の共同ファームの場所はどこ?共同経営者は誰で画像も紹介」と題してご紹介しました。

北海道の共同ファーム場所はどこにあるかと言うと、北海道の新千歳空港付近にあります。♪

空港から近い事もあり、忙しい柴咲コウさんとしては良いのでないでしょうか。

柴咲コウさんの共同経営者は誰なのかな?

と思う人も多かったと思います。

その人は、フウ・フェイフェイさんで画像も紹介しました。

オックスフォードや早稲田大学を卒業して、今では中華系の実業家と言われていています。

イギリスの貴族と交流も有ると言われていますので、相当な頭が切れる人かも知れませんね。

広告
広告